牛乳で体調不良「製造元工場、全商品製造停止」は誤り

2014年5月31日訂正報道一覧メディア:ジャンル:, , ,

読売新聞2014年5月31日付朝刊38面

読売新聞2014年5月31日付朝刊38面

【読売】 2014/5/30夕刊16面 「牛乳製造会社が学校納入を自粛 千葉県内343校」(訂正事項) 牛乳製品の製造状況


千葉県内で給食の牛乳を飲んだ児童生徒が体調不良を訴えた問題で、読売新聞は5月30日付夕刊で、牛乳を製造している古谷乳業が県内の全学校への納入を自粛したことを報じた。その際、同社成田工場が「市販品も含めたすべての商品の製造を停止した」としたのは誤りで、実際は大半の市販品の製造は続いているとして、31日付朝刊で訂正記事を掲載した。

古谷乳業は5月29日、ホームページで商品の検査結果や現在の対応などを発表。「同一ラインでの商品(200ml、180ml、100ml紙パック)につきましては、念のため30日の製造は自粛し、ラインの点検を実施致します。弊社の自主点検においては問題がないことから、給食用牛乳以外のラインの商品を供給することにに問題はないと判断しております」と記し、給食用牛乳以外のラインの商品の製造・出荷は停止していないことを示唆していた。

6月2日、千葉県が保健所の調査の途中経過を発表。それによると、古谷乳業の牛乳からは食中毒菌や残留農薬、臭気物質は検出されなかったとしている。

読売新聞2014年5月30日付夕刊16面

読売新聞2014年5月30日付夕刊16面

弊社学校給食用牛乳に関しての異味のお申し出について(第1報) (古谷乳業 2014/6/2)

古谷乳業ホームページより(2014年5月29日発表)

古谷乳業ホームページより(2014年5月29日発表)

学校給食用牛乳の異味に係る情報提供について(平成26年6月2日) (千葉県)

◇弊社学校給食用牛乳に関しての異味のお申し出について(第2報) (古谷乳業 2014/6/2)

(2014/6/4掲載)