伊豆大島土砂災害 防災説明会の開催時刻を誤報

2013年10月19日訂正報道一覧

毎日新聞2013年10月19日付朝刊1面

毎日新聞2013年10月19日付朝刊1面

【毎日】  2013/10/18朝刊1面「町、警戒情報周知なし 防災計画運用せず 伊豆大島」
(訂正事項) 防災説明会の時刻と当時の1時間降水量

毎日新聞は、原報道で、台風26号の接近により伊豆大島で土砂災害が発生する直前の東京都大島町の対応について報じた際、町が防災説明会を開催した時刻を(10月)「15日午後11時」、当時の1時間降水量を「29ミリ」としたのは誤りで、実際は「15日午前11時」に開催しており、当時の1時間降水量は「2ミリ」だったとする訂正記事を掲載した。

原報道は、15日午後6時5分に気象庁が大島町を対象に土砂災害警戒情報を出した後、同町幹部が「町長に報告せず判断を仰がなかった」と指摘した上で、次のように伝えていた。

その後、町長側からも具体的な指示はなく、町は15日午後11時に台風接近時に行うことになっている「防災説明会」を開催。当時の1時間降水量が「小規模な崖崩れが起きる」とされる29ミリに達していたが、島内の土木関係者などの出席者に「今後、かなりの雨が降る」と注意を呼びかけるにとどまった。

訂正記事では言及されていなかったが、「大島町の降水量と対応状況」と題するグラフも、15日午後11時に防災説明会を開催したと誤って記載していた。

131019_m_1_graph

毎日新聞2013年10月18日付朝刊1面

(2013/10/26掲載)