北海道大観音転売 元所有者の談話を一部削除

2013年2月9日訂正報道一覧メディア:ジャンル:, ,

北海道新聞2013年2月9日付朝刊31面

北海道新聞2013年2月9日付朝刊31面

【北海道】 2013/1/30朝刊31面「『北の京芦別』の大観音像 金沢の宗教法人に転売」(訂正事項)発言内容

北海道新聞は、原報道で北海道大観音を所有していたアコンブの倉橋清勝社長の談話中「ホテルの運営に大観音は必要ない」との部分について削除するとの訂正記事を掲載した。

原報道は、北海道芦別市旭町の北海道大観音が金沢市の宗教法人に転売されたことを報じたもので、昨年6月から教育研修事業などを行うアコンブ(奈良県大和郡山市)が所有していたとしたうえで、次のように報じていた。

売却理由についてアコンブの倉橋清勝社長は「ホテルの運営に大観音は必要ない。見識ある宗教法人に役立ててもらうのが芦別市に良いと考えた」と説明する。同社は大観音以外の施設は保有を続ける。(以下、略)

訂正記事は、削除の理由について明らかにしていない。

(2013/2/13掲載)