不育症テーマの講演会 2か所誤り

2013年2月13日訂正報道一覧メディア:ジャンル:

中日新聞2013年2月13日付朝刊19面

中日新聞2013年2月13日付朝刊19面

【中日】 2013/2/10朝刊23面「不育症の心理的苦痛と支援説く」
(訂正事項) 調査実施主体と実施結果

中日新聞は、原報道で椙山女学園大学の中野有美准教授による「不育症」をテーマにした講演会を報じた際、「中野准教授は、過去に自身が実施した調査結果から、不育症患者の約50%がうつ病に近い気分障害とみられることを紹介し」としたのは、自身が実施した調査ではなく「中野有美準教授が協力した研究グループ」が実施したもので、その結果は「不育症患者の約16%がうつ病などがみられる」だったとする訂正記事を掲載した。

原報道は、公益社団法人「東海ジェンダー研究所」が主催した、中野准教授の講演会「不育症(とくに反復流産)の心理的苦痛とその支援をめぐって」を取り上げたもの。

原報道には開催日付が記載されていなかったが、東海ジェンダー研究所のホームページによると、2013年1月26日に開催されていた。

公益社団法人東海ジェンダー研究所 講演会・シンポジウム開催履歴

中日新聞2013年2月10日付朝刊23面

中日新聞2013年2月10日付朝刊23面

(2013/3/8掲載)