交通違反「減点方式」と誤報 正しくは「累積方式」

2014年5月2日訂正報道一覧メディア:ジャンル:,

朝日新聞2014年5月2日付朝刊30面

朝日新聞2014年5月2日付朝刊30面

【朝日】 2014/5/1朝刊30面 「ベルトせず運転 誤って女性逮捕 宮城県警」
(訂正事項) 交通違反の点数計算ルール


朝日新聞は5月1日付朝刊で、「ベルトせず運転 誤って女性逮捕 宮城県警」との見出しをつけ、宮城県警がシートベルトを締めずに運転していた女性を刑事責任に問えないのに誤って現行犯逮捕していたと報じた。その中で、道路交通法のシートベルト装着義務違反について「規定にあるのは減点の行政処分だけ」「運転免許の持ち点が1点減る行政処分の規定しかなく、刑事責任を問えない」「女性は減点1点の処分を受けた」と交通違反が減点方式であるかのように記載したのは誤りで、正しくは累積方式になっているとして、2日付朝刊で訂正記事を掲載した。

交通違反の点数制度とは、自動車等の運転者の交通違反や交通事故に一定の点数を付けて、その過去3年間の累積点数等に応じて免許の停止や取消等の処分を行う制度。交通違反と交通事故のひき逃げなどにつける「基礎点数」と、交通事故のあて逃げを起こした場合などに一定の点数をプラスする「付加点数」があり、座席ベルト装着義務違反は基礎点数1点が付けられるが、反則金はない。

朝日新聞2014年5月1日付朝刊30面

朝日新聞2014年5月1日付朝刊30面

点数制度(警察庁)

点数計算の原則(警視庁)

交通違反の点数一覧表(警視庁)

(2014/5/30掲載)