森元首相、プーチン氏「懸念」紹介 朝日が会談時期訂正

2014年1月16日訂正報道一覧メディア:ジャンル:, ,

朝日新聞2014年1月16日付朝刊4面

朝日新聞2014年1月16日付朝刊4面

【朝日】 2014/1/15朝刊4面「北方領土交渉『秋に大詰め』 森元首相が見通し」
(訂正事項) プーチン大統領の発言時期


朝日新聞は1月15日付朝刊で、「北方領土交渉『秋に大詰め』 森元首相が見通し」と見出しをつけ、森喜朗元首相が同日の講演で、北方領土問題交渉の見通しについて語ったことを報じた。その中で、森氏が昨年2月の会談で、プーチン氏が「(返還した北方領土に)米国が基地を持ったり、米兵が入ったりすることはないのか。非常に懸念している」と語ったことを明らかにしたと記載。しかし、森氏が紹介したプーチン氏の発言は「昨年2月の会談」ではなく「2001年の会談」の誤りだったとして、16日付朝刊で訂正記事を掲載した。

朝日新聞2014年1月15日付朝刊4面

朝日新聞2014年1月15日付朝刊4面

森氏は当時首相だった2001年3月25日、ロシア・イルクーツクでプーチン大統領(当時)と首脳会談を行い、1993年東京宣言に基づき平和条約締結交渉を促進させることなどに合意(イルクーツク声明)。森氏は政界引退後の2012年2月21日にもロシア・モスクワを訪問し、安倍首相特使としてプーチン大統領と会談している。

森総理のロシア(イルクーツク)訪問 平成13年3月24日~25日 (外務省)

森元総理大臣とプーチン・ロシア大統領との会談(概要) (外務省 2013/2/22)

(2014/1/18掲載)