テーマ別アーカイブ

STAP論文「撤回要請」 理研としては未定

2014年3月14日

▼STAP細胞論文について、理研が著者に撤回を勧告する方針を決めたかのように毎日新聞などが報道。しかし、撤回要請は竹市CDBセンター長の個人の判断として行われたもので、理研としては研究不正が認定された後になるとしている。(追記あり)

続きを読む

「iPSがん化リスク」に「課題は克服」と山中教授

2014年2月16日

▼主要各紙は新型の万能細胞「STAP細胞」の作製成功を報じた際、iPS細胞はがん化のリスクがあるなど報道。しかし、山中教授はiPS細胞ができた8年前の技術との誤った比較がなされており、課題は克服していると指摘している。(追記あり)

続きを読む

「iPS研究」 毎日は誤報4本、誤り濃厚1本

2013年10月31日

【毎日】 ①2012/8/4朝刊27面「卵巣凍結でがん治療後妊娠 2年後目標に『実用化』」 ②2012/2/22日朝刊「肝臓がん薬に糖尿病薬」 ③2010/2/24朝刊29面「薬品投与でiPS細胞 米ハーバード大チームが成功」 ④2009/9/2朝刊2面「肝がん細胞大半を正常化 ハーバード大チーム マウスで成功」 ⑤2009/7/9朝刊22面「肝がん細胞からiPS細胞 ハーバード大の研究チーム成功」(訂正事項) 森口尚史氏の研究成果

続きを読む

森口氏の「研究」 日経は7本誤報と認定

2012年11月6日

【日経】 ①2009/7/9朝刊34面「『がん幹細胞』からiPS細胞 米大など成功 新治療法の開発も」 ②2009/9/7朝刊13面「肝がん細胞、正常に 米ハーバード大 遺伝子など用い」 ③2010/2/24朝刊42面「iPS細胞 化学物質だけで作製 米大、発がんリスク減も」 【日経産業】  ④2009/11/25朝刊12面「iPS細胞 がん化防止に道ー大塚製薬工場、ハーバード大など」 ⑤2010/4/1朝刊12面「ハーバード大研究員森口尚史氏――iPS細胞でがん治療」 ⑥2010/6/2朝刊11面「ハーバード大研究員ら、C型肝炎治療 副作用少なく、iPS細胞活用」 ⑦2012/8/2朝刊11面「がん患者の卵巣 新凍結法で治療後妊娠――米ハーバード大など」
(訂正事項) 森口尚史氏の研究成果

続きを読む

ハーバード大、「初のiPS臨床応用」日本人研究者との関係否定

2012年10月30日

【読売】 2012/10/11朝刊1面・3面「iPS心筋を移植 初の臨床応用 ハーバード大 日本人研究者 心不全患者に」、2012/10/11夕刊1面・2面「死の間際 iPSしかなかった 心筋移植 森口講師 日本なら無理だった」 【産経】 2012/10/11大阪版夕刊1面「iPS心筋で移植手術 初の臨床応用、患者回復 米大学で今年2月」 【共同】 2012/10/11「iPS心筋移植、初の臨床応用 米の日本人研究者」

続きを読む