「対露追加制裁発表へ」 実際は発表されず

2014年9月20日注意報一覧メディア:, , ジャンル:, ,

▼読売新聞などが、政府が対ロシア追加制裁を9月19日に発表すると報じたが、実際は発表されなかった。同紙などは当初の予定が変わり発表を見送ったと事実上修正の続報をしている。(追記あり)

【読売】 2014/9/18朝刊1面トップ「政府 対露制裁強化へ 金融・資源分野も検討」【共同】 2014/9/18「政府、対ロ追加制裁、欧米と歩調合わせ 19日発表」【時事】 2014/9/18「政府、対ロ追加制裁へ==G7連携重視、19日発表」

《注意報1》2014/9/20 07:00

《追記》2014/9/25 10:00


【追記】政府は9月24日、ロシアに対する追加制裁を発表した(外務省ホームページ)。菅義偉官房長官は同日午後の会見で、追加制裁の方針自体は16日のNSC会合で決めていたことを明らかにした。(2014/9/25 10:00)

《注意報1》2014/9/20 07:00

読売新聞は9月18日付朝刊1面トップで、「政府 対露政策強化へ」と見出しをつけ、政府がロシアへの追加制裁を19日に発表する方針を固めたと報じた。共同通信と時事通信も、18日午前中に同様に報じた。しかし、世耕弘成官房副長官は18日午前の会見で「明日に制裁措置を決めるというような予定はない」と否定。19日になっても政府からロシアに対する追加制裁が発表されることはなかった。

読売新聞は、政府が「16日の国家安全保障会議(NSC)で対応を協議し、追加制裁の発動を決めた」と報じ、ロシア側が反発して今秋のプーチン大統領の来日は延期される可能性が一層強まったと指摘。ところが、19日になっても政府がロシアへの追加制裁を発表しなかったことから、19日付夕刊で「対露制裁強化、発表先送り 外相会談の可能性で」と見出しをつけ、「政府は当初、19日に制裁強化を表明する予定だったが、来週にも日露外相会談が行われる可能性が出てきたため、発表を先送りした」と修正した。ただ、欧米の制裁強化の動きにあわせ、「日本も制裁強化を決めており、25日(日本時間26日)にニューヨークで行われるG7外相会合で表明する方針だ」とも伝えた。

これに関連して、岸田文雄外相は19日の会見で、政府がG7外相会合までにロシアへの追加制裁を発表するかどうかも「今の段階で,いつ,何をするかということについては,まだ具体的に決まっていない状況です」と答えている。

時事通信は19日、「政府、対ロ追加制裁へ=G7連携重視、19日発表」と見出しをつけた記事を削除し、「対ロ追加制裁、近く判断」という記事に差し替えた。日本経済新聞も19日付朝刊で政府がロシアへの追加制裁を実施する方針だと報じ、「当初予定した19日の発表は、ロシア側の反応を見極めるために見合わせた」と指摘している。

読売新聞2014年9月18日付朝刊1面トップ

読売新聞2014年9月18日付朝刊1面トップ

政府、対ロ追加制裁、欧米と歩調合わせ 19日発表 (共同通信 2014/9/18 10:47)

共同通信2014年9月18日配信

共同通信2014年9月18日配信

世耕弘成官房副長官記者会見(2014年9月18日午前) (内閣官房)

Q.ロシア問題について伺います。ウクライナ情勢に関連して、ロシアへの追加制裁をあすにも決めるという話がありますので、事実関係を教えてください。
A.はい。まず、あすに制裁措置を決めるというような予定はございません。で、従来から述べているように、日本としては停戦の状況を含むウクライナ情勢や、米国、EUの動向等を踏まえて、G7との連携を重視しながら、今後も適切に対応してまいりたいというふうに思っています。
Q.日本の制裁、現状はG7の中でも欧州やアメリカと比べて入国禁止の範囲とか、金融分野に至る制裁の幅とか、ほかの国よりもやや緩やかであるという指摘があって、国連総会でもちろんウクライナ情勢は重要な議題になると思うんですけども、このあたりを考えての検討が日本政府の中で今あるのかどうか、G7との連携と今、副長官がおっしゃったので、どう考えてるのか教えてください。
A.まずですね、16日のNSC4大臣会合において、ウクライナ情勢についての議論を行ったのは事実であります。で、詳細については差し控えさせていただきたいと思いますが、ウクライナ情勢の現状の認識ですとか、G7諸国を含む関係国の動向等について全体的な議論が行われたというふうに聞いております。いずれにしても、繰り返しになりますけれども、ウクライナ情勢とかアメリカ、EUの動向をしっかりと踏まえてですね、我が国として適切に対応していきたいというふうに思っております。
Q.国連総会の場で、外務大臣もいらっしゃいますけども、ラブロフ外相との会談という話も出てまして、調整状況などどうでしょうか。
A.国連総会の際にですね、日ロ外相会談を行う可能性については検討中であります。ただ、まだ岸田外務大臣の日程については全体的に調整中でありますので、まだ決まっておりません。

岸田文雄外務大臣記者会見(2014年9月19日) (外務省)

Q.来週,大臣は国連総会の関連で,G7の外相会合にご出席されると思うのですが,ロシアに対する追加制裁ですが,欧米が発表する中で,日本として検討されていると思いますが,G7外相会合までに発表されるお考えでしょうか。
A.ロシアに対する対応ですが,これはウクライナ情勢等,様々な情勢をしっかり注視し,そして,それを勘案した上でG7の連携を重視しながら,我が国として適切な対応を考えていかなければならないと思っています。今の段階で,いつ,何をするかということについては,まだ具体的に決まっていない状況です。