STAP論文「撤回同意」 小保方氏「同意していない」

2014年4月9日注意報一覧メディア:, , , , , , ジャンル:テーマ:

▼STAP細胞の論文をめぐり、小保方氏ら主要執筆者3名が論文撤回に同意したと主要各紙が報じていたが、小保方氏本人は記者会見で同意していなかったと話している。

【読売】 2014/3/15朝刊1面「STAP論文『重大な過誤』理研中間報告 小保方さんら撤回同意」【朝日】 2014/3/14朝刊1面「小保方さんら撤回同意 STAP論文 細胞の証明不十分」【毎日】 2014/3/15朝刊1面「STAP論文『重大な過誤』理研中間報告 画像改ざん認定 小保方さんら撤回同意」【産経】 2014/3/14夕刊(大阪版)1面「STAP細胞 小保方氏、論文撤回の意向 理研午後発表」【日経】 2014/3/14朝刊1面「小保方氏 撤回に同意 理研、きょう調査結果」【共同】 2014/3/14「理研調査委、画像同一と認める 小保方氏、論文撤回の意向」【NHK】 2014/3/14「STAP細胞 小保方さんら論文取り下げへ」

《注意報1》2014/4/9 18:00

《動画追加》2014/4/10 14:00


【特集】STAP論文報道の検証

《注意報1》2014/4/9 18:00

理化学研究所のSTAP細胞論文問題で、主要各紙は3月14日から15日にかけて、小保方晴子氏ら主要執筆者3人が論文撤回に同意したと報じた。しかし、小保方氏は4月9日の記者会見で、論文撤回に同意したことはなく、撤回する意思がないことを明らかにした。

朝日新聞2014年4月14日付朝刊1面

朝日新聞2014年4月14日付朝刊1面

読売新聞2014年3月15日付朝刊1面

読売新聞2014年3月15日付朝刊1面

理化学研究所の論文調査の中間報告が行われた3月14日、朝日新聞が朝刊1面トップで「小保方さんら撤回同意」との見出しで報道。14日付日経新聞朝刊も同様に報じた。中間報告発表の後、読売新聞や毎日新聞も15日付朝刊で「小保方さんら撤回同意」と大きく報じていた。ところが、朝日新聞と毎日新聞は4月2日付で、小保方氏の代理人の三木秀夫弁護士が「小保方氏が撤回に同意したことはない」と語ったことを伝えていた。

小保方氏は9日の会見で、論文撤回に同意したと報じられたことについて、「撤回を視野に入れて検討したらどうか」という話には「わかりました」と答えたものの、「撤回自体には同意してはおりません」と明言した。

小保方氏は3月14日、共同執筆者の笹井芳樹氏と丹羽仁史氏とともに「今回の論文を取り下げる可能性についても所外の共著者と連絡をとり検討しております」とのコメントを発表し、撤回の「検討」には言及していたものの、撤回するとは明言してはいなかった。他方、理研の発生・再生科学総合研究センター長の竹市雅俊氏が14日の会見で、個人的に小保方氏に論文撤回を勧めたところ、同意を得たものと認識していると答えたこともあり、小保方氏が論文撤回に同意したかのように報じられていた。

一方、丹羽氏は9日の記者会見で、「現時点で私は論文の撤回に同意している」と表明している。

■小保方晴子氏記者会見(2014年4月9日) ※記者会見映像は日本報道検証機構提供。

Q.理研側は「小保方さんが論文の撤回に納得した」というようなことをいっていたんですけども、それは理研側がメディアに対して間違った説明というかウソをついていたということなんでしょうか。小保方さんは理研の調査などに対して論文を下げるということを同意したつもりはないのでしょうかということでもあるんですが。
A.私は理化学研究所の社員でありますので……撤回を視野に入れて検討したらどうかという話には…その話には「わかりました」という風にはいいましたが、撤回自体には同意してはおりません。

著者コメント〔PDF〕 (理化学研究所 2014/3/14)

 STAP 現象に関する私共の論文の不備について多方面から様々なご指摘を頂いていることを真摯に受け止め、そのことが混乱をもたらしていることについて心よりお詫び申し上げます。本件に関して、理化学研究所で行われている調査に、今後とも迅速に応じて参る所存です。また、論文内に確認した複数の不適切または不正確な点に関しては、速やかに Nature へ報告して参りましたが 論文にこうした不備が見つかったことはその信頼性を損ねるものと著者として重く受け止め、今回の論文を取り下げる可能性についても所外の共著者と連絡をとり検討しております。
 今回は、経過中の調査の中間報告がなされる場であることから、書面でのコメントになりますが、適切な時期に改めて説明する機会を設け、誠意をもって対応してまいります。