情報保全諮問会議の人選開始 春名氏「打診はない」

2013年12月17日注意報一覧メディア:ジャンル:テーマ:

▼政府が特定秘密保護法の施行前に設置する情報保全諮問会議の人選を始め、国会審議で参考人を務めた有識者らに打診を始めたとの一部報道があったが、名前が挙がった有識者の一人が打診はないと指摘している。

【毎日】 2013/12/13朝刊1面「秘密保護法 諮問会議 来月発足へ人選 長谷部氏ら『理解者』中心」

《注意報1》2013/12/17 16:00

《追記あり》2014/1/19 18:00


《注意報1》 2013/12/17 16:00

毎日新聞は12月11日付朝刊1面で、政府が特定秘密保護法の施行までに設置を予定している「情報保全諮問会議」のメンバーの打診を始めたと報じました。記事では、国会審議で同法の必要性に理解を示した有識者を中心に人選を進め、打診を始めた有識者として、共同通信出身のジャーナリストの春名幹男氏の名前を挙げています。しかし、春名氏は打診は来ておらず、誤報だと指摘しています。

秘密保護法:諮問会議 来月発足へ人選 長谷部氏ら中心に (毎日新聞 2013/12/11)

毎日新聞12月11日付朝刊1面

毎日新聞12月11日付朝刊1面

春名氏は、12日にツイッターで「『情報保全諮問会議』のメンバー候補に私の名前が出ているとの毎日新聞報道は誤報」と指摘。当機構が春名氏に確認をとったところ、17日現在、打診は来ていないとのことです。なお、森雅子担当相は17日の記者会見で「報道機関の皆様、司法関係の皆様、そして安全保障の専門家の皆様等、さまざまな立場の方に入っていただこうと思い、今、人選を進めているところです」と述べ、情報保全諮問会議の人選を進めていることは認めています。

https://twitter.com/mikioharuna/status/411067047624187907

■森雅子・秘密保護法担当大臣記者会見(2013年12月17日)

Q.情報保全諮問会議の人選の進捗状況と、どのような人物が望ましいのか、お願いします。
A.18条の有識者会議は、幅広い皆様からの意見をいただいて、チェック機能を働かせていくということですので、国会答弁の中でも申し上げてきたように、報道機関の皆様、司法関係の皆様、そして安全保障の専門家の皆様等、さまざまな立場の方に入っていただこうと思い、今、人選を進めているところです。

また、毎日新聞の記事では、春名氏が11月13日の衆議院国家安全保障特別委員会で「与党推薦の参考人を務め、特定秘密保護法の必要性に理解を示している」と書かれていますが、実際は野党の日本維新の会の推薦により参考人を務めており、事実誤認です。毎日新聞は参考人質疑の発言要旨を伝えた11月18日付記事で、春名氏を「賛成」ではなく「反対・慎重」の立場として紹介。春名氏は、報道の自由の保障と文書公開の原則の観点を強調し、外部の有識者委員会の設置の必要性などについて意見を述べていました。

春名幹男参考人の意見陳述 (衆議院・国家安全保障特別委員会 2013/11/13)

特定秘密保護法案:参考人質疑から 識者の発言要旨 (毎日新聞 2013/11/18)

毎日新聞2013年11月18日付朝刊7面

毎日新聞2013年11月18日付朝刊7面


(*) 情報保全諮問会議は2014年1月17日発足し、メンバーが発表されましたが、毎日新聞が報じた春名幹男氏、東京大学教授の長谷部恭男教授、元外交官の宮家邦彦氏、首都東京大法科大学院教授の前田雅英氏はいずれもメンバーに入っていませんでした。(2013/1/19 18:00)
情報保全諮問会議 (内閣官房)