秘密保護法「民主、修正協議応じず」に「事実と違う」

2013年11月16日注意報一覧メディア:, ジャンル:テーマ:

▼民主党が特定秘密保護法案について、与党との修正協議には入らず反対する方針を固めたとの一部報道について、民主党国対委員長が「事実と違う」と指摘している。

【毎日】 2013/11/13朝刊1面「特定秘密保護法案:民主、反対へ 修正協議応じず」【北海道】 2013/11/13夕刊1面「民主 秘密保護法案反対へ 自公は維新と修正協議」

《注意報1》2013/11/14 07:00

《注意報2》2013/11/16 07:30


《注意報1》 2013/11/14 07:00

毎日新聞は11月13日付朝刊1面で、「特定秘密保護法案:民主、反対へ 修正協議応じず」と見出しをつけ、民主党が特定秘密保護法案について「与党との修正協議には入らず反対する方針を固めた」と報じました。この報道に対し、同党の松原仁国会対策委員長が「事実と違う」と表明。党として法案に対する論点整理メモを提示しており、櫻井充政調会長も「与党にも窓は開いている」と話し、修正案を出す可能性に言及したとのことです。

特定秘密保護法案:民主、反対へ 修正協議応じず (毎日jp 2013/11/13)

毎日新聞2013年11月13日付朝刊1面

毎日新聞2013年11月13日付朝刊1面

民主、秘密保護法案反対へ 「知る権利」担保できない 自公は維新と修正協議> (北海道新聞 2013/11/13夕刊)

毎日新聞は、記事の冒頭で、民主党が「世論の厳しい反応や、法案の一部修正では問題点は解消しないことが国会審議で浮き彫りになったとして反対する方向となった」と報道。民主党幹部が同紙の取材に「採決で反対するだけか、対案を出すかはまだ決めていない」と説明したと伝えています。毎日新聞の報道は、この民主党幹部のいう選択肢のどちらであっても、「法案の修正協議に応じない方針」に変わりはないとの理解を前提としているとみられます。

ところが、民主党の公式ホームページによると、松原国対委員長が13日昼の国会対策役員・理事合同会議で毎日新聞の報道を取り上げ「事実と違うもの」だと抗議の意を表したとのことです。また、同日夕の党役員会で、特定秘密法案に関する50項目にわたる論点整理メモが提示され、櫻井政調会長が記者団に「民主党としては修正案か対案を準備する方向だ。来週火曜日の『次の内閣』で皆で議論しまとめたい」「与党にも窓は開いている」と述べたと伝えています。こうした発言は、現時点で与党との修正協議に応じる選択肢を残していることを示唆したといえ、「修正協議に応じない方針」を固めたとの報道は事実でない可能性があります。

特定秘密保護法案に関する一部報道に「事実と違うもの」と抗議 松原国対委員長 (民主党広報委員会 2013/11/13)

民主党公式ホームページより一部抜粋

民主党公式ホームページより一部抜粋

役員会で「『特定秘密の保護に関する法律案』に関する論点整理(メモ)」を提示 (民主党広報委員会 2013/11/13)

 党役員会が13日夕、党本部で開催され「『特定秘密の保護に関する法律案』に関する論点整理(メモ)」(下記ダウンロード参照)が提示された。同メモは、政府案についての問題点を50項目にわたって整理したもの。
 役員会終了後、櫻井充政調会長は記者団に「民主党としては修正案か対案を準備する方向だ。来週火曜日の『次の内閣』で皆で議論しまとめたい」と述べた。
 また桜井会長は「国会審議のなかで、いろいろ問題点が浮かび上がってきた。答弁はまだまだ不十分だ」とし、党内的には「きちんとした当たり前の手順を踏み、党の現場での意見を尊重したい」と今後の運び方について語った。
 さらに「与党にも窓は開いている」と述べた。


《注意報2》 2013/11/16 07:30

毎日新聞は11月13日付で、民主党が特定秘密保護法案について、与党との修正協議には入らず反対する方針を固めたと報じましたが、民主党は14日、自民、公明両党と協議をすることを決定したとのことです。民主党ホームページで明らかにされました。

松原仁国会対策委員長は14日の会見で、19日の「次の内閣」閣議で民主党案をまとめる考えを示し、「国会は協議をしてより良いものをつくる、国民の利益、国益に合致するものをつくるのが本来の役割。そのための努力を進めていきたい」と述べたとのことです。また、大畠章宏幹事長も14日の会見で「問題点を是正するのが委員会の本来の役割であり、速やかに修正していくことが大事」と指摘。海江田万里代表も15日の会見で「民主党は法案の問題点を国会でしっかり議論し、民主党の考え方を与党にぶつけていく」と述べたとのことです。

特定秘密保護法案に関し「強行採決以前のデタラメな運営」と松原委員長が批判 (民主党広報委員会 2013/11/14)
特定秘密保護法案「問題点を速やかに修正していくことが大事」会見で大畠幹事長 (民主党広報委員会 2013/11/14)
特定秘密保護法案「臨時国会で引き続き徹底審議求める」連合との懇談会で海江田代表 (民主党広報委員会 2013/11/15)