「温室ガス05年比6、7%減」 閣僚ら「目標値はまだ」

2013年10月3日注意報一覧メディア:ジャンル:,

▼朝日新聞は「温室ガス05年比6、7%減」の見出しで、政府が削減目標の具体的数値の調整に入り、10月1日に関係閣僚が確認する見通しと報道。しかし、関係閣僚から目標値が決まったかのような報道を否定する発言が相次いだ。(追記あり)

【朝日】 2013/10/1朝刊1面「温室ガス 05年比6、7%減 2020年目標 原発ゼロ前提」

《注意報1》2013/10/3 07:00

《追記》政府は11月15日、温室効果ガスの2020年の削減目標を「05年比3.8%」とすることを正式決定しました。(2013/11/16 02:00)


《注意報1》 2013/10/3 07:00

朝日新聞は、10月1日付朝刊1面で「温室ガス05年比6、7%減」の見出しで、安倍政権が温室効果ガスの削減目標を05年比6%か7%程度とする調整に入り、1日に関係閣僚が確認する見通しと報じました。しかし、記事で関係閣僚としてあげられた石原伸晃環境相、茂木敏充経産相、菅義偉官房長官は、いずれも同日の会見で、地球温暖化対策について協議したことは認めたものの、具体的な削減目標値について確認、決定したという事実関係はないとしています。

菅官房長官は会見で、地球温暖化対策について特段決まったことはないと発言。石原環境相も「一部報道にあったようなパーセンテージを決めたということはございません」とし、茂木経産相も「地球温暖化対策についても話をしましたが、数字を含め、特段、何か決まったということではございません。私も今朝の新聞を見てびっくりいたしました」と話しています。

温室ガス05年比6、7%減 2020年目標 原発ゼロ前提 (朝日新聞デジタル 2013/10/1)※全文は有料版

朝日新聞2013年10月1日付朝刊1面

朝日新聞2013年10月1日付朝刊1面

菅義偉官房長官 記者会見(2013年10月1日午前) (内閣府)

Q.先ほど茂木大臣、石原大臣、岸田大臣が長官のところに入られて、環境問題に関して協議をされたところだと思います。今日、一部報道で、20年の温室ガス目標で、6から7%削減で検討しているというような報道がありましたけれども、どのような話があったんでしょうか。
A.まず、そのような事実関係はないということであります。今日、4大臣が話したことはですね、そこは事実でありますけれども、環境政策やエネルギー政策、この最近の動きについてですね、さまざまな話をしたということであります。そういう中で、地球温暖化対策について特段何が決まったということではありません

茂木経済査産業大臣 記者会見(10月1日) (経済産業省)

Q.次は温暖化対策についてなのですけれども、今日午前中に石原環境大臣や岸田外務大臣、あと官房長官と4閣僚で会って、温暖化ガスの削減目標について議論をしたのではないかと伺っているのですが、今朝の一部報道で、2020年までに05年比で6%もしくは7%の削減するという案を今日確認するというふうな報道があったのですが、今日どのような話し合いがなされたのかを教えていただけますでしょうか。
A.今日、10時から官房長官、そして環境大臣、外務大臣とお話をいたしました。環境政策、エネルギー政策について、最近の動向等について議論したところであります。
地球温暖化対策についても話をしましたが、数字を含め、特段何かが決まったということではありません。私も今朝の新聞を見て驚きました。

(*) 経産相会見録を追加しました。(2013/10/4 23:00)