習主席「尖閣は核心的利益」表明 官房長官否定

2013年6月14日注意報一覧メディア:, , , ジャンル:, , テーマ:

▼米中首脳会談で中国の習近平国家主席が尖閣諸島は中国の核心的利益と表明したとの報道について、官房長官が「尖閣諸島と核心的利益を直接結びつけるような発言はなかった」と指摘している。

【朝日】 2013/6/12夕刊1面「『尖閣は核心的利益』習主席、米中首脳会談で」【毎日】 2013/6/12朝刊1面「『尖閣は核心的利益』米中首脳会談で習主席」【産経】 2013/6/12朝刊1面「『尖閣は核心的利益』習主席、米大統領に認識表明【共同】 2013/6/12「習主席、尖閣は『核心的利益』米中首脳会談で」【東京】 2013/6/12朝刊6面「『尖閣は核心的利益』習氏、米に認識表明 首脳会談」

《注意報1》 2013/6/14 07:00

産経新聞や毎日新聞は6月12日付朝刊1面で、7日に行われた米中首脳会談で中国の習近平国家主席がオバマ大統領に対し、尖閣諸島は「核心的利益」だとの認識を表明していたと相次いで報じました。この報道について、菅義偉官房長官は12日の会見で「中国側から尖閣諸島と核心的利益を直接結びつけるような発言はなかった」と指摘しています。

産経、毎日、東京の各朝刊記事は、共同通信が米中関係筋の情報として伝えた記事をもとに報道したとみられます。他方、朝日の夕刊記事は、日本側関係者の情報として報じていました。読売、日経、時事、NHKは報道していませんでした。

なお、産経と毎日は13日付朝刊で官房長官が否定した事実を伝えています。

「尖閣は核心的利益」 習主席、米大統領に認識表明 (MSN産経ニュース2013/6/12 6:59)

産経新聞2013年6月12日付朝刊1面

産経新聞2013年6月12日付朝刊1面

習主席、尖閣は「核心的利益」 米中首脳会談で (共同通信2013/6/12 02:00)

共同通信2013年6月12日

共同通信2013年6月12日

習氏「尖閣は核心的利益」 米、日本に会談内容明かす (朝日新聞デジタル 2013/6/12)

官房長官会見(2013年6月12日午後) (首相官邸) ※04:45頃から

Q.習近平国家主席がオバマ大統領に対して、尖閣は核心的利益だという認識を示したという報道があります。こうした事実を把握していますか。
A.わが国としては米中2国間の2国間の交渉についていちいちコメントすることは控えたいと思います。ただ、よく申し上げておりますけど、尖閣諸島に関する中国独自の主張に基づく言動については、わが国としては全く受け入れられないと。中国側のいかなる発言によってもですね、尖閣諸島におけるわが国の立場は変わるものではないということであります。
さらに、この米中首脳会談でですね、中国側が核心的利益を直接結びつけて尖閣諸島に対して発言することはなかったと、そのように政府は承知しております。

Q.アメリカ側から外交ルートを通じて報告が来ていると思いますけども、首脳会談で尖閣についてはどういうやりとりがあったんでしょうか。
A.米国とは緊密に連携をとっております。そういう中での具体的なことについて申し上げることはですね、控えさせていただきたいというふうに思いますけれども、中国側から、尖閣諸島と核心的利益を直接結びつけるような発言はなかったというふうに政府は承知しているということです。