「辻元議員 被災地で反政府ビラ」 名誉棄損で産経敗訴

2013年3月22日注意報一覧メディア:ジャンル:テーマ:

【産経】 2011/3/16朝刊4面「政論=原発事故 首相なお指揮演出」、2011/3/21朝刊4面「政論=隊員踏みにじる最高指揮官」

《注意報1》 2013/3/22 21:30

産経新聞は、2011年3月16日朝刊で、東日本大震災発生後の政府対応を論評した際、同月13日に首相補佐官(災害ボランティア担当)に任命された辻元清美議員について「平成7年の阪神淡路大震災の際、被災地で反政府ビラをまいた」と報じました。また、21日付朝刊でも同じ記者による論評記事で、1992年にカンボジア復興にあたっている自衛隊員に対し辻元議員が「あんた!そこ(胸ポケット)にコンドーム持っているでしょう」と発言したと報じました。しかし、同議員はいずれも事実ではなく名誉棄損に当たるとして、産経新聞社及び記事を書いた記者を提訴。3月22日、東京地方裁判所は、いずれの記事についても名誉棄損が成立すると認定し、同社及び記者に対し、損害賠償を命じる判決を下したとのことです。判決の内容は主要メディアが報じ、辻元議員事務所も発表しています。

産経新聞2011年3月16日朝刊4面

産経新聞2011年3月16日朝刊4面「政論=原発事故 首相なお指揮演出」(一部抜粋)

MSN産経ニュース2011年3月20日掲載の記事(21日付朝刊4面に掲載された記事と同じ内容)。

MSN産経ニュース2011年3月20日掲載の記事「首相は自衛隊員の気持ちを分かっているのか」(一部抜粋)。同じ内容の記事が21日付朝刊4面に掲載された(16日付記事と同一記者による署名記事)。

辻元議員事務所によると、辻元氏がまいたとされる「反政府ビラ」について、判決は、「炊き出しの場所や時間、安否情報及び医療情報等の被災地の日常の情報が記載された情報誌」だったと認定したとのことです。

辻元議員は、判決を受けて、「阪神淡路大震災・東日本大震災という大災害に対し、被災者支援に関わってきたものとして、事実に基づかない今回の報道に怒りを禁じえません。新聞社及び記者が真摯に反省することを求めます」とのコメントを公式ブログで発表しています。

辻元衆院議員、産経新聞に勝訴 名誉毀損認め賠償命令(共同通信2013/3/22 20:12)
民主・辻元氏が勝訴=産経記事「名誉毀損」-東京地裁(時事通信2013/3/22 19:25)

産経新聞および記者に対する裁判の判決が出て、辻元清美の訴えが全面的に認められました(辻元清美議員オフィシャルサイト2013/3/22)
「虚偽報道による名誉毀損」で産経新聞社と同社記者を提訴しました(辻元清美議員オフィシャルサイト2012/1/19)