韓国サッカー協会 謝罪文報道を否定

2012年8月14日注意報一覧メディア:, , , , , , , ジャンル:, , テーマ:

【読売】 2012/8/14朝刊2面「五輪でメッセージ 韓国協会が謝罪文」 【毎日】 2012/8/14朝刊24面「竹島アピールで謝罪 韓国協会、日本側に 五輪サッカー」 【朝日】 2012/8/14朝刊35面「兵役免除資格失う可能性も 竹島領有掲げた朴選手」 【産経】 2012/8/14朝刊3面「韓国側から謝罪文 再発防止を約束」  【日経】 2012/8/14朝刊2面「韓国サッカー協会謝罪 竹島メッセージで日本協会に」  【東京】 2012/8/14朝刊21面「五輪で『竹島』メッセージ 韓国協会が謝罪メール」  【共同】 2012/8/14配信「韓国サッカー協会が謝罪 竹島メッセージ問題で」

《注意報1》2012/8/14

主要各紙は、2012年8月14日付朝刊で、日本サッカー協会が、ロンドン五輪のサッカー男子・日韓戦で韓国選手が「独島」(竹島)に関するメッセージを掲げた問題で韓国サッカー協会から謝罪文を受け取ったと報じました。

これに対し、韓国サッカー協会が「『謝罪』云々については日本メディアの明白な誤報」と反論。「外信の誤報によって混乱が起きたことに深い遺憾の意を表明する」との声明を発表しました。

韓国サッカー協会の声明文の日本語訳全文が、韓国紙の中央日報日本語版サイトに掲載されています。

■韓国サッカー協会、日本メディアの「独島セレモニー謝罪」報道は誤報(中央日報・日本語版2012/8/14)
http://japanese.joins.com/article/520/157520.html?servcode=600&sectcode=670

 


《注意報2》2012/8/15

主要各紙は、第一報で、韓国サッカー協会が提出したのは「謝罪」文書(メール)と報じたのに対し、NHKだけは第一報の段階で「遺憾」を表す文書と報じていました。

NHKは、

韓国のサッカー協会の会長から日本サッカー協会の大仁邦彌会長宛てに「遺憾」の意を表す文書が届いていたことが分かりました。
文書では、今回のことについて「計画的なものではなく偶発的なものだった。あってはならないことで選手への指導を徹底していきたい」などの内容が記されているということです。

と報じています。

韓国サッカー協会は14日、「謝罪」ではなく「遺憾」(regrets)という表現を使ったとの反論声明を発表しています。

■韓国サッカー協会 遺憾の意を表す文書(NHK2012/8/14 4:45)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120814/k10014259341000.html

 


《注意報3》2012/8/20

韓国メディアが17日、韓国サッカー協会が日本サッカー協会に送った文書(メール)の詳細を報じました。

下記の記事に文書の原文とみられるものが掲載されています。

■韓国サッカー協会、日本に「朴種佑、非スポーツ的行動」(中央日報・日本語版2012/8/17)
http://japanese.joins.com/article/666/157666.html?servcode=A00&sectcode=A10

韓国メディアは、「謝罪する態度ではなかった」との釈明と異なる(中央日報)、「遺憾の意を伝える内容だった」との説明とは全く違っていた(朝鮮日報)と指摘し、事実上の「謝罪」だったと解釈しているようです。

■ロンドン五輪:JFA宛メール原文に謝罪・反省の表現(朝鮮日報・日本語版2012/8/18)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/08/18/2012081800323.html

他方で、韓国サッカー協会会長は、17日、国会に出席し、文書を日本サッカー協会に送った経緯について「今回のことは故意性がなかったという経緯を説明し、遺憾の意を伝えた」と説明したとのことです。

韓国サッカー協会は、反論声明でも、原文の「I would cordially convey my regrets and words for the incident…」という記載について「謝罪」ではなく「遺憾」であると釈明しています。

■韓国サッカー協会長「物議をかもして申し訳ない、責任取る」(中央日報・日本語版2012/8/17)
http://japanese.joins.com/article/719/157719.html?servcode=600&sectcode=610